愛犬ツイージーと従兄弟犬バロンの成長記録


by tweedy-a-tashi

カテゴリ:病気・病院( 15 )

緊急事態?

本日、帰宅した時にtweedyの熱烈なお迎えがない・・・。
母が居ない・・・。父君に「何で?」と聞くと、「tweedyが変で、病院に行った!」と云うではないですか?!
えぇ〜????????
慌ててかかりつけの病院へ。もう病院が閉まる時間なのに、8台もの車と待っている人たちが。

車の中で待っていた母とtweedyに合流。tweedyは、元気そうに見えます。
母が言うには、「ここ最近、元気が無かったよね。朝食のあと、今日はおやつも食べず、夕食も全く見向きもしない。そして、吐いたので、慌てて病院に来たけど、混んでいて。。。」ちょっと元気は無いものの、他のワンコは気になるし、動きもします。取り敢えず、診察待ち。
50分程度まった時に、tweedyの番がやってきました。
容体を説明しますが、「元気がない?!」と不振そう。そりゃ、病院が怖いところと知っているtweedyは先生や看護婦さんにもガウガウ。
そりゃあ、元気がないようには、、、見えないよね・・。
診察の結果、数日前に盗み食いをしたか、食べ過ぎたか、良くない物を食べたと思われ、点滴と注射で様子を見るとのこと。
点滴?と思っていると250cc 程度の溶液を5分もかけずに、左右のお尻に皮下注射して24時間かけて徐々に身体に吸収するとのこと。最初は、カッチカチにお尻に板が入っていたかと思いましたが、帰宅後、見るとプクプク。徐々に吸収されているようです。
やっと、落ち着いたa-tashiがやっと撮影したtweedyのお尻。
d0137083_21484717.jpg

今日はご飯も食べていませんが、ゆっくり眠りたいようなので、早めにベットイン。
ゆっくりお休み♪

ついでに湿疹も見て貰いましたが、やはり皮膚異常を起こしている様子。
しかし、今回の治療と相反する薬になるので、元気になってから湿疹治療をすることに。しばらく通院が続くのかな? 頑張れtweedy
d0137083_2149642.jpg

[PR]
by tweedy-a-tashi | 2010-08-11 21:50 | 病気・病院

首の後ろ

一週間前の金曜日。tweedyの首(左ミミの後ろ)に梅の種程のしこり発見!
痛がりもしないし、元気なtweedyですが。。。。しかし、この時期休めない・・・・。で、母君を見つめましたが、これまた丁度風邪気味だったようで、聞こえないふりをされ。。。。
そうこうしている内に、掻いている様子も無かったのに、傷になり汁が出ている。中で膿んでしまっていたようです。
やっと火曜日になり、a-tashiの休日。やっと病院へ。元気はつらつのくせに、病院では、a-tashiの膝に乗って、肩に乗ってと落ち着かず、先生にも威嚇。
バリカンで周囲の毛を切り、瘡蓋を除けてつまむと、ピーと膿みが出ました!!! が、まだまだ、しこりあり。傷の表面が先に治り、傷の中で膿んでしまったようです。抗生物質を出して貰い、朝晩の投薬。
本日、1週間後の診察に行ってきました。で、先生に再度瘡蓋を除けて、傷の確認をして貰い、完治!と確認してもらいました。
ホッとしました。

丁度、1年前にも胸で同じ症状になったことが、その傷のため、もじゃもじゃスタイルで出席したミニ・シュナ・ミーティング・in 愛媛の2回目の開催が決定したこの時期にまたもや、膿みを作ってしまった。しかし、今年こそは、カットして出席するぞ!!!!
[PR]
by tweedy-a-tashi | 2010-01-18 22:01 | 病気・病院

何があった?!?

本日、残業をして帰宅。慌ただしくレトルト晩ご飯を用意していて、火傷をしました。冷やそうと冷蔵庫に行き、氷を取り出してから、保冷剤が良いか?と思い立ち、取り出してしまった氷を興味津々のtweedyとバロンにやりました。ん???? なにか変????
バロンの顔を見ると変にウインクしている? 目が赤い? 開かない???
d0137083_23305667.jpg

えぇ〜???? 痛そうにはしていない・・・?けど、目が赤いし、開きにくそうにしている。目やにも出始めている? よく見ると右目の方が腫れている?????!!!!!

同窓会で日帰り京都旅に出ていた母君。残業したa-tashi。6時前に父が帰ってきて、バロンのリードを放し庭に、tweedy共々出してやったそうです。夕飯の時に、リードを繋ぎなおした様ですが、父は気づかなかったらしい。
何がどうなった???? 明日、病院に行こうね。
[PR]
by tweedy-a-tashi | 2009-10-30 23:34 | 病気・病院

バロンのその後

先日、バロンの瘤の話しを書きました。一週間の抗生物質を飲まし終え、動物病院に行ってきました。見た目触った目には変わった様子がありませんが、瘤の大きさを計測の結果、小さくなっているとのこと。恐らく動物病院で注射をした跡に血が上がった?のだろうとのこと。小さくなっているので、1ヶ月程度かかるかもしれないが、このまま放置でOKとの診断。
切除する気満々だった我が家の期待?を裏切り、510円の診察料で帰宅してきました。
バロンにとっては、痛い思いをせずに済み何より。
d0137083_21535326.jpg


今日も今日とて、元気なバロンです。
相も変わらず側溝を歩き、平均台を好み、引っ張り癖も治らない。。。
d0137083_2157177.jpg

[PR]
by tweedy-a-tashi | 2009-09-26 21:46 | 病気・病院

バロンの一大事

今朝、父が言うのです。
「バロンに瘤がある!」
えええええ?????
昨晩、バロンを撫でていて気づいたというのです。プルーンぐらいの大きさの瘤が左肩の所にボコっと。
d0137083_2211149.jpg

散歩の途中で、黒ラブのくうちゃんパパに相談すると、急に大きくなったかと聞かれ、早く病院に行って、良性か悪性か見極めた方がよいだろうと云われました。

母君がバロンを診察に連れて行くと、瘤の中は血だったそうです。その血を調べてみたそうですが、病院での検査では余り悪いものはなさそうとのこと。まだ、2歳半と若いこともあり、ガンではない可能性が高いとの見解。注射や噛まれたりして、このような瘤ができることもあるそうですが、風邪?のような症状で先月病院で注射をしてから早1ヶ月は経っています。ちょっと月日が経ちすぎ。しばらく抗生物質を飲み、様子を見て、切除するかどうかを決定することになりました。

しかし、帰宅後その話を聞いた父は、整形外科の先生(獣医ではなく人を診ている懇意にしている先生です)のところにバロンを連れて行くといいはじめ、行ったそうです。
通常、瘤の中身は脂肪ということが多い。が、血が出たことを伝えると、早く切除することを考えては?との意見を頂戴しました。

近いうちに、切除することになりそうです。
相も変わらず、引っ張りが強く、側溝歩きが大好きで、至って元気なバロンですが・・・。
[PR]
by tweedy-a-tashi | 2009-09-18 22:23 | 病気・病院

火曜日のカフェ

昨日、久しぶりのしつけ教室に参加。1ヶ月以上も何にもしていなかったので、どうなることかと思ったけれど、どうにか、リードを付けて歩いてくれました。(ここ数日、散歩中にリードを使うことがほとんど無いa-tashiとtweedy。)
いちごちゃんは、パパがカメラ撮影でご一緒に来られていましたが・・・。パパ大好きないちごちゃんは、気が気では無い様子で、シットステイの際に、ハンドラーのママの方向ではなく、身体ごとパパの方を向いていました。(可愛いぃ〜)

教室の後、一度帰宅し、夕方ドッグカフェ&ランに出発。ゴロー君といちごちゃんが既に到着♪ ランに入るやいなや、ちょっとゆるめのう○ちをしてお尻を汚したtweedy。「え?! 何で?! 調子悪い?!」
お尻を洗い、カフェに。a-tashiが夕食を食べていても何となく気弱になっているtweedy。
(ここでぐったりしているtweedyの写真を添付予定でしたが、上手く貼り付けられず、今日は写真なし)
日曜日の配車予定を再確認。各自、わんこたちは抱っこされて、まったり。

お腹が空いたとも云わないので、夕飯を抜いてみました。
ぐったり弱りモードのtweedyは、この今期初、一緒に布団に入ってa-tashiの腕枕で寝入りました。ふふ。こんなにドロドロでくさ〜いtweedyを抱きしめて、ちょっと嬉しいという変なa-tashi。もう、親ばかです。
[PR]
by tweedy-a-tashi | 2009-09-09 23:21 | 病気・病院

ゲホゲホ

バロンとtweedyは、昨日動物病院へ。
というのも数日前から、ゲホゲホと何か吐くような仕草をすることが何度か。実際何も出てきません。あ、偶に透明な粘液(ちょっと泡っぽい)を吐いたことも数回。でも、回数も少ないし、元気&食欲もありということで、変なモノを食べたかな?と安気にしていましたが、tweedyから遅れること1日程度で、バロンも同様・・、いえいえもっと酷いのです。ガマ蛙の鳴き声?アヒルの鳴き声?見たいな感じというのか、ガフォンガフォンとしんどそうな声を出し始め、夜中といわずずっとなのです。
あまりにも酷く、とうとう昨日動物病院へ連れて行くことに! しかし、a-tashiは仕事、両親はお墓参りに行くことになっており、ゆっくりできず、動物病院に夕方まで預かって貰うことにしました。軽度のtweedyは自宅にてお留守番。
で、帰宅後、tweedyも偶々ゲホゲホしたので、診察最後に滑り込み。入れ違いでバロンは帰宅していましたが、同じような症状で・・・。とお話すると。
「う〜ん、そしたらバロンちゃんも?」とのお言葉。バロンはレントゲンも撮り、血液検査もしたようですが、心臓が多少大きめ(心臓の縦横の合計があばら骨の10本分が妥当、バロンは12本)だけど、心音は正常、血液検査も問題なし、喉も以上なし、肺も綺麗。胃の内容物もしっかり詰まってはき出してはいない。しかし、凄い呼吸。先生は頭を悩ませていた様子。(一応、心臓のお薬と利尿剤を出して貰っていました)
しかし、tweedyも同じ様態となると個体の問題ではないかも?!と云われ、1週間程度前にアースレッドノンスモーク切りタイプを家中にしたことをお話しました。「その可能性が高いんじゃん? でも、そんな事例聞いたことない・・・。」とのこと。tweedyは心音を聞いて貰うだけでしたが、元気&食欲旺盛の上、バロンほどの状態では無いということでa-tashiも先生も了承。
新たに抗生物質のお薬を一応二頭分いただき、帰宅しました。

我が家では、蚊取り線香のせい? バロンは以前より呼吸不全のような状態にはなっていたから、別の問題?とまだまだ?????の状態です。
不思議なのは、散歩の途中までは、呼吸の度に凄い音を立てながら歩くのに、引っ張り癖は直らず。しかし、20分程度した散歩の半ばからは全く問題が無くなるのです。う〜ん。どうなっているんだろう???
d0137083_0122336.jpg

昨晩になって、色んなワンちゃんのブログを見ていて、似たようなゲホゲホを発見。1週間程度で復活しているようですが、やはり病院では原因不明の様子。さてさて、今はやり始めている新型インフルエンザかぁ〜?
[PR]
by tweedy-a-tashi | 2009-08-18 00:12 | 病気・病院

ミミが臭い?

一週間ほど前からtweedyの耳が臭い気がします。
tweedyの専属トリマーさんと勝手にお願いしている方は、カットが大好きですが、耳の毛などの処理が以前の動物病院のトリマーさんに比べると、ちょっと甘い? 1ヶ月弱で、その間にシャンプーも別の所でしましたが、汚れている気がします。爪も伸びています。
悩みましたが、一度動物病院にお願いしようと思っていました。が、カットの日時が取れません・・。
通常の診察で耳のお手入れもしてくれると聞き、診察に行くつもりですが、今日まで延びてしまいました。
で、やっと行く気になって、時間までtweedyと遊んでいると・・・。あれ?左上の奥歯が割れている?! やっぱり病院に行かないとね。
朝から凄い雨なので、歩くのは止めて車で行こう! 

まずは、歯を診て貰いますが、歯垢が着いているのと歯の先が欠けているかもしれないが、そのまま放置でOKとのこと。ひとまず安心。
そして、いつものように口輪をされて、二人のトリマーさんに抱え込まれて耳の毛をバリカンで剃られ耳のお掃除の始まり。耳毛をバシバシと抜かれ、キューンと悲痛な鳴き声を上げ続けるtweedy。哀愁を誘います。
しかし、情けは禁物。奥の方まで耳毛を抜かれ、お薬で掃除をされ、耳の中にカメラを投入「あ、そんなに汚れてない・・。」先生の言葉でまたまた安心。お薬を耳の中に直接投入されてクチュクチュされて脱脂綿で拭き取られます。
鳴き声は病院中に響き渡ったかな? 弱虫tweedyです。
しかし、ひとまず安心しました。 耳は綺麗になりましたが、二日後にカットの予約を入れておきました。これでばっちり?
(あまりの悲痛な叫びでカメラを取り出せず、一枚の写真もありません。a-tashiは悲しい)
[PR]
by tweedy-a-tashi | 2009-07-21 23:34 | 病気・病院

今度はバロン

ずっと、tweedyの陰に隠れ、ここにも登場回数が減っているバロン。
本日のtweedyを動物病院に連れて行った際に、バロンのフィラリアの薬も一緒に貰ってこようとしましたが、病院で聞いてみると、バロンは混合接種が昨年されていないとのこと。あれ?! 狂犬病予防接種の後にしなかったけ?! どうりで、バロンの予防接種のはがきが病院から来ないはず。
診察をしないとお薬がいただけないとのことで、バロンを連れて再度病院へ。
バロンは喜んで散歩したいのですが、こちらの体力が持たないので、車で行くことにしました。
d0137083_21455340.jpg

神妙そうなバロンです。診察室に呼ばれ、ドキドキですが、tweedyと比べ、大人しいバロン。
体温計で測られ、ますます、落ち着きはなくなりますが、鳴くわけでもなく、台から飛び降りもせず、大人しいものです。
体調もすこぶる良さそうで、体型もバッチリ。痩せすぎでもなく、太っても居ない丁度よい体型であると太鼓判をいただき、無事に注射も完了。
山に連れて行く際にはダニに注意するように指導を受け、バロンのフィラリアの薬もゲット。
2匹ともに5ヶ月分を頂戴し、2匹の合計4万少々を払い、無事に帰ってきました。

無事無事と書き続けていますが、tweedyが傷口を舐めたり、近くで見ると、悲しくなるほど大きな傷。長さ2㎝は切れています。中の赤い部分も見えていたりして、本当に直るのかしら?と心配になります。バロンのブログ記事ですが、なんとなく、元気のなくなったtweedyで締めくくってしまいます。
d0137083_21551785.jpg

[PR]
by tweedy-a-tashi | 2009-04-13 21:55 | 病気・病院
本日、休みのa-tashiは、午前中に習い事に行って、雨が降る前にドッグカフェに行くことを今日のスケジュールとしていました。が、朝一番に先生から急用が入ったので、急遽お休みにしたいとの連絡が入り、のんびりとした朝を迎えていました。
家の中の掃除・・・、と思った矢先、tweedyの胸にある怪我をしていた箇所に目がいくと、なんか汁っぽい感じのものが・・・。気になり、母君に相談しましたが、犬のことだし、腫れている様子もないけど・・・。気になるなら、病院に行ってきたら?!との勧めを受けて、フィラリアの薬を貰いがてら、行ってきました。動物病院。近所にあるので、散歩がてら出かけようとしましたが、中々、出かけてくれず、結局抱っこして歩き始めました。
途中の薬局に居た警備員さんに、どっちの散歩やら?!と笑われながらも降りて歩こうと云ってくれないtweedy。しかし、病院の近くでどうにか歩いてくれて、日頃歩かない横断歩道もこの通り。
d0137083_21222653.jpg

病院手前の小さな土手でおしっこも済ませ、順調に到着。
病院の中に入って独特の匂いをかいでから、なんとなく落ち着きがなくなりましたが、無理矢理 診察台にも乗せられ、威嚇しまくるtweedyには口輪が施され、a-tashiが同席するとtweedyが大人しくならないので、診察室から退席させられ、ドアの前からのぞき見るa-tashi。
d0137083_21251616.jpg

3人かかりで押さえ込まれ、毛に血が固まり、よく見えないからか、バリカンで毛が刈られていました。しばらくして、呼ばれて入室してみると・・・。思ったよりも大きな傷跡。先生からも思ったよりひどいなぁ〜。ちょっと腫れているから、縫うよりもこのまま乾燥させよう!とのお言葉。本当に縫わなくて大丈夫?!?! しかし、先生からは抗生物質を出しておくから、お薬飲ませて!
5日程度するとちゃんと塞がるだろうから、大丈夫だよ。との心強い言葉に一安心。しかし、5日?!
6日後の19日には、ミニ・シュナ・ミーティング! そこに照準を合わせ、名刺も作り、洋服も新しいリードも用意して、カットを17日に予約しているのに・・・。先生に相談すると、あぁ〜無理かな?! と云いながらも、指折り数えて、万全整えたいa-tashiの心理も鑑み、怪我をしていることを伝えて丁寧にしてもらったら、どうにかなるかも?! ちょっと様子を見てみたら!と優しいお言葉。ふ〜。ひとまずですが、傷跡を見ると不安です。
一応、19日のミーティングには出席可能になりそうですが・・・。カットは無理かも。モサモサtweedyかもしれません。
d0137083_21344431.jpg


この傷跡と、薬を塗られたことで、へたれtweedyが、病弱ぶらないはずがありません。
帰りも、ずっと8.46kgを抱えて帰ったことは云うまでもありません。
[PR]
by tweedy-a-tashi | 2009-04-13 21:38 | 病気・病院